LAMP / LAPP システム開発 - スプライン

スプラインは情報技術をビジネスに生かすためのお手伝いを致します。

システム開発

株式会社スプラインは、LAPP(Linux、Apache、PHP or Perl、PostgreSQL)を中心とするオープンソース技術を利用した、WEBアプリケーションの開発を主な業務内容としております。買い物カゴ等のショッピングサイトの業務システム、各種コミュニティサイト、会員管理システム等、必要な規模とご予算に応じて適切なプランをご用意させて頂きます。またお客様が独自に考案なさったアイディアを具体化するための技術的なアドバイスや仕様書の作成、あるいはすでにご利用中のシステムのセキュリティチェック等、WEBでビジネスを展開する上での技術面について総合的なサポートや開発業務を行う事が可能です。

高いコストパフォーマンスと予算設定の柔軟性

ひとくちにWEBアプリケーションと言っても実にさまざまな形態があります。共有サーバーに設置するちょっとした入力フォームから、データセンターに設置する冗長化システムまで、お客様のニーズとご予算に応じて最も適切なプランをご提案させて頂きます。

またスプラインではこれまでの開発実績から蓄積した、さまざまなプログラムライブラリーをご用意致しております。これらライブラリーをご利用頂く事でコストパフォーマンスに優れたシステムを納品する事が可能です。

当社ライブラリを利用したシステムの場合、完成物に含まれるライブラリプログラムの著作権は当社に帰属致します。詳細はお問い合わせ下さい。

豊富な運用経験

システムの開発が完了したけど、訪問者が多くなってしまったためにサイト全体が重くなってしまった。これはWEB開発で一番難しい問題のひとつです。規模に見合った設備や技術を適切に判断する事は開発初期の段階で極めて重要ですが、大規模サイトの運用経験が無いとなかなか見極めが難しいのが実情です。スプラインでは月間数千万PV規模のサイトの運用実績を持っていますので、大量アクセスが予想されるサイトであっても適切な規模のシステムをご提案する事が可能です。

セキュリティチェック体制

WEBアプリケーションの重要性が増えると共に、セキュリティの強化も益々重要になってきました。現在、銀行等の大規模WEBサイトも含め、ほとんどのサイトになんらかの脆弱性があると言われています。その中でもクロスサイトスクリプティング、SQLインジェクション、シェルインジェクション等の攻撃方法は、ファイヤーウォールやSSL(暗号化通信)でも防ぐ事が難しいのが現状です。

スプラインではセキュリティ対策に重点を置いたフレームワーク(プログラムの枠組み)を利用する事で、これらの問題が起こりにくいシステムを開発可能です。また、すでに運用中のシステムのセキュリティレベルを評価するお手伝いをさせて頂く事も可能です。詳しくはセキュリティ評価サービスをご覧下さい。

国家プロジェクトでの実績

経済産業省の関連組織であるIPA(情報処理振興事業協会)、およびDCAj(財団法人デジタルコンテンツ協会)のプロジェクトにおいて、採択経験を持っております。詳しくは以下のPDFファイルをご覧下さい。

PDFファイルをご利用になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)が無料配布しているAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は次のアイコンからダウンロードしてからご利用ください。 また、クリックしてもページが表示されない場合は、PDFファイルをダウンロードしてからご利用下さい。

Get Adobe Reader

情報漏洩保険に加入済

どんなにセキュリティを高め、テストを重ねたシステムであっても、セキュリティに「絶対」は有り得ません。未知の攻撃方法によってシステムから顧客情報が漏洩してしまう可能性は、いかなる優秀な技術者が設計したシステムであったとしてもゼロであると言い切る事は不可能です。そこでスプラインでは個人情報漏洩保険に加入し、万が一の場合のサポート体制をご用意しております。当社で開発したシステムは保険の対象となり、もしシステムの瑕疵が原因で個人情報漏洩問題が発生してしまった場合、保険会社と連係し、専任セキュリティスタッフによる業務サポートが可能です。

お客様の管理下にある人員の人為的なミスによって引き起こされた情報漏洩問題では保険が適用されません。また、個人情報漏洩以外の不具合に関しましても保険の適用範囲外になります。その他にも適用範囲外になる場合がございますので、詳細はお問い合わせ下さい。

ご依頼の手順

ご依頼フォームに必要事項を記述し、送信して下さい。折り返しご連絡差し上げます。


LAMP / LAPP システム開発 - スプライン